フランスAirbus社は2014年1月27日、マレーシアで持続可能なバイオジェット燃料の現地生産を促進することを目的として、バイオマスを地元で生産するソリューションを検討するため、地元の主要パートナーと研究開発拠点(Centre of Excellence)を設立する覚書(MoU)を締結したと発表した。この研究開発拠点の設立趣旨は、将来この地域で生産されるジェット燃料は持続可能なものだけに由来していることを保証するため、最も適切な原料を選択することにある。最初のアセスメントは2014年12月までに完了する予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)