内閣府の「ゲノム情報と電子化医療情報等の統合によるゲノムコホート研究の推進」運営委員会(以下ゲノムコホート研究委員会)は、2014年2月6日、2011年度から3年間の研究成果について、代表機関である国立がん研究センターから報告と提言を受けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)