脳科学の未来:コネクトームへの挑戦 (6) アプローチ可能な脳:網膜の世界

(2014.02.04 08:00)1pt
Harvard University      脳科学センター 山形方人

 センチュウは、ニューロンの数が少ないという単純さ故に、個体レベルで研究できる有用なモデル生物となる。ところが、センチュウで見られるニューロンは、実際には脊椎動物のものと比べると、かなり異なる。例えば、脊椎動物の神経系にあるニューロンのほとんどは、細胞体から伸びる軸索、そして細胞体には別の細胞からの情報を受け取る樹状突起が高度に発達している。このような形をしたニューロンはセンチュウには見られない。また、低温で生息しているセンチュウで使えるさまざまな研究道具(ツール)が、最終目標となるヒトを含めた恒温哺乳類で使えるかどうかというのは未知である。哺乳類で使用できることが確実なツールを開発、研究したいというのは論を待たない。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧