科学技術振興機構(JST)は、研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)のうち、2013年度第3回募集における「フィージビリティスタディ(FS)ステージ シーズ顕在化タイプ」の新規課題47件を決定したと、2014年1月20日に発表した。FSステージのシーズ顕在化タイプは、研究開発期間が1年間で、研究開発費が基準額800万円(上限1000万円)。2013年9月11日から10月18日に応募があった337件から選ばれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)