連載、脳科学の未来:コネクトームへの挑戦(2)コネクトームのパイオニア達

(2014.01.14 10:05)0pt
Harvard University      脳科学センター 山形方人 

 筆者は、1990年代の前半、セントルイスの米Washington University に滞在していた。その時、隣の研究室に米California Institute of Technologyからやってきた熱意溢れる神経解剖学者がいた。Felleman and Van Essen博士である。彼らのグループは、マカクサルの網膜から、視床、そして大脳皮質の視覚野やその周辺領域にいたる神経回路のつながりを、過去の文献などを参考にひとつの図上に描きだした(図3、詳しくは、van Essen et al., Science 255, 419 (1992))。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧