大塚製薬は2013年12月27日、バソプレシンV2受容体拮抗薬のトルバプタンの常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の適応症の申請が欧州医薬品庁(EMA)に受理されたと発表した。トルバプタンについては、同適応症で米国および国内で申請されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)