米International Council on Clean Transportation(ICCT)は2013年12月18日、セルロースバイオ燃料への必要な投資を引き出す政策提言をまとめた50ページにわたる白書を公表した。「Measuring and addressing investment risk in the second-generation biofuels industry」と題する白書は、通常用いられている投資評価方法である資本資産評価モデル(CAPM:capital assets pricing model)を用いて投資リスクを分析し、現存の政策と既存の連邦税インセンティブプログラムのマイナーチェンジにより、セルロースバイオ燃料への投資を促すことができると提言した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)