理化学研究所統合生命医科学研究センター自己免疫疾患研究チームの山本一彦チームリーダーと、統計解析研究チームの岡田随象客員研究員、東京大学、京都大学、東京女子医科大学、米Harvard Universityなどの国際共同研究グループは、欧米人とアジア人の健常者と関節リウマチ患者のゲノムワイド関連解析(GWAS)結果のメタアナリシスから、疾患の発症に関連する感受性遺伝子を101個発見したと発表した。Nature誌に、2013年12月25日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)