メキシコCarlos Slim Foundationが支援する米国とメキシコの研究者から成るSIGMAコンソーシアムは2013年12月25日、2型糖尿病の発症リスクの増加、特にメキシコ人と南米人における高リスクに寄与する遺伝子変異を発見したと発表した。研究の詳細はNature誌12月25日号電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)