米エネルギー省(DOE)傘下のBrookhaven国立研究所は2013年12月20日、植物フェノール類の生合成をコントロールする新規手法を見いだしたと発表した。植物由来フェノール類は広範囲の応用ができる有益な物質で、香味料、香水、色素などの重要な原料となる。これらの物質の中には健康促進効果のあるものもあり、また植物細胞壁を構築している物質であるポリフェノールは、バイオマスからバイオ燃料への変換のしやすさに影響を及ぼしている主要ファクターとなっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)