米Boston University School of Medicine のAmyloidosis Centerおよび、Boston Medical Center (BMC)の研究者が率いた最近の研究は、一般薬の抗炎症剤であるジフルニサルが、トランスサイレチン家族性アミロイドーシス(ATTR)患者の、神経の減少を抑え、生活の質の保持に役立つことを示した。ジフルニサルは、安価で、安全な医薬品で関節炎や疼痛の治療薬として40年以上にわたり使われてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)