米BioTime社とその子会社であるイスラエルCell Cure Neurosciences社は、2013年12月23日、イスラエル産業貿易労働省傘下のOffice of the Chief Scientist(OCS)から、Cell Cure社が進めているドライ型加齢黄斑変性治療用の細胞医薬候補「OpRegen」の2014年の開発を支援する費用として、米ドル換算すると約174万ドルに相当するグラントを得たと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)