日本学術会議の臨床医学委員会臨床研究分科会(委員長=宮坂信之・東京医科歯科大学名誉教授)は、高血圧治療薬バルサルタンの臨床試験問題を受けて、研究者主導の臨床試験は奨学寄付金ではなく委託研究費などで行わなければならないといった、臨床研究にかかる利益相反(COI:Conflict of Interest)マネジメントと透明性の確保について提言を取りまとめた。2013年12月20日に公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)