先週木曜日のメール(https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20131219/172970/)で袋小路に入った個別化医療を解決する臨床試験、Master Protocolの記事をご覧いただけましたか? 今後の新薬の臨床開発に不可欠な標的別に複数の企業が協業して臨床開発を行う臨床試験・開発の革命を紹介しております。今や基礎研究だけで、オープンイノベーションは止まりません。いかに、利益追求と言い得る企業の成長のパトスと患者の幸福、医療資源の限界を調和し、企業間で競争と協力を展開するか? 全く新しいビジネスモデルが必要とされているのです。イノベーションの観点からも、新しい取り組みが必要だということです。2013年のバイオは大きな変化が結実する2014年の胎動を示すニュースが報道されました。1年を締めくくるために今年の20大ニュースをまとめました。このメールでは第20番から16番まで、年明け1月9日のメールではトップ15の重大ニュースを解説いたします。いずれも、明日のバイオ産業や生命科学に大きな影響を与えるニュースです。20のニュースから来年のバイオが見えてきました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら