日経バイオテク12月16日号「World Trend グローバル」、トップクラスターにR&D機能が集積、米ボストン、英ケンブリッジなどが成長

(2013.12.19 19:40)1pt
平崎誠司=英aMilyse Insight社

 前号の本欄では英国で製薬大手の研究開発(R&D)拠点の閉鎖が相次いでいることを伝えたが、その裏腹の現象として、米ボストン、英ケンブリッジなど世界トップレベルのバイオクラスターでは、製薬大手やバイオ企業の研究機能の集積が加速している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧