米国立衛生研究所(NIH)は2013年12月17日、急性放射線症候群、心不全後の脳損傷、βサラセミアと呼ばれるまれな血液疾患を対象とする3件の前臨床プロジェクトを開始すると発表した。これらのプロジェクトは、NIH 共通資金が資金を拠出し、NIH 傘下の国立先進トランスレーショナル科学センター(NCATS)が実施するBridging Interventional Development Gaps(BrIDGs)プログラムの一環として行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)