UMNファーマ、ヤクルト本社、アピ(岐阜市、野々垣孝彦社長)は2013年12月17日、共同事業契約を締結した。3社が共同事業契約を締結するのは6月に続いて2度目。契約対象は、抗体抗がん剤のバイオ後続品(バイオシミラー)である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)