日経バイオテク12月16日号「リポート」、競争激化する新規糖尿病治療薬

(2013.12.17 08:05)1pt
伊藤勝彦

新しい作用機序の糖尿病治療薬のSGLT-2阻害薬は国内で6品目が申請中である。田辺三菱製薬が創製したカナグリフロジンは米国で順調な市場導入となった。アステラス製薬は、糖尿病領域ではトップ製品を保有するMSDとの提携を発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧