日経バイオテク12月16日号「編集長の目」、iPS細胞を半導体チップにしてはいけない

(2013.12.17 07:54)0pt
関本克宏

 大日本住友製薬は2013年12月2日、iPS細胞を利用した再生医療に関してヘリオスと提携契約を締結した。ヘリオスが開発中の滲出型加齢黄斑変性を適応とするiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞に関して最大52億円までの開発費用を負担するとともに、再生医療製品などを製造、販売するための新会社を共同で設立する。同社は11月29日に、神戸医療産業都市に再生細胞医療の研究拠点を開設することも発表している。一方のヘリオスの鍵本忠尚社長は、「日米で開発を進めるが、薬事法が改正されたことで日本の方が先になる。数年以内に他家網膜色素上皮細胞の治験開始を目指す」と語っている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧