サントリー食品インターナショナルが、消費者庁の表示許可を取得して食品の健康機能表示(ヘルスクレーム)を行える特定保健用食品(トクホ)の攻勢を強めている。消費者庁が2013年12月9日に消費者委員会に諮問した11品目のうち、サントリーが申請したものが6品目を占めている。6品目の内訳は、同社が2012年11月5日にトクホ表示許可を取得して11月13日に発売した「ペプシスペシャル」と同様のヘルスクレームと関与成分の炭酸飲料が5品目、2013年7月16日にトクホ表示許可を取得して10月1日に発売した「伊右衛門 特茶」と同様のヘルスクレームと関与成分の清涼飲料水が1品目だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)