再生医療新法が11月20日に成立、薬事法改正案も11月28日衆議院本会議を賛成多数で可決、12月3日から最後の難関、参議院本会議で議事が始まりました。薬事法の最難関用件は、再生医療よりも、実はインターネットによる医薬品販売の許容範囲です。つまらぬことで国会審議が長引かないことを祈っております。しかし、両法案の成立を見込んで、厚労省も、そして経産省も猛烈に基盤整備に走り出しました。こんなことに落とし穴があったのか?あっと驚く再生医療の基盤整備を紹介しましょう。意外なところに落とし穴があるものです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら