米Fred Hutchinsonがん研究センターのプロテオミクス専門家、Amanda Paulovich博士が率いる国際的な研究チームは2013年12月8日、ラージスケールで標準化できるたんぱく質測定法の実現可能性を示す研究結果を発表した。たんぱく質測定法の標準化は、疾患バイオマーカーと薬剤標的のバリデーションに必要だ。研究の詳細はNature Methods誌12月8日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)