カナダEnerkem社は2013年12月3日、Edmontonに建設した都市ごみをバイオ燃料やバイオ化学品に変換するフルスケール施設、Enerkem Alberta Biofuelsのフロントエンドシステムの試運転を徐々に開始したと発表した(関連記事1)。この最新情報はカナダのモントリオールで開催されたCanada Renewable Fuels Summitの会場で、社長兼CEOのVincent Chornet氏によって披露された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)