幹細胞は神経変性疾患の研究や治療の開発への適用で有望視されているが、高齢になってから発症する疾患を正確にモデル化することは、これまで失敗に終わっていた。米Sloan-Ketteringがん研究所は2013年12月5日、Cell Stem Cell誌でiPS細胞を加齢やパーキンソン病に関連する特徴を再現できる神経細胞に変換する新たな手法を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)