米Amarin社は2009年7月、「Vascepa」(イコサペント酸エチル)について米食品医薬品局(FDA)とSpecial Protocol Assessment(SPA)の合意を得た。その合意内容は、Vascepaがトリグリセリド(中性脂肪)を安全かつ効果的に抑制することを臨床試験で証明できたら、適応拡大承認を与えるというものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)