国内の膵臓がんによる死亡者数は2011年に2万8829人、年々増加傾向にある。アルブミン懸濁型パクリタキセルが好結果を示し、米国で承認を獲得した。国内企業が創製した複数の候補も開発後期に移行している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)