2013年12月3日から4日間、神戸市で開催されている第36回日本分子生物学会年会では、3日間の午前と午後を合わせて9時間にわたるロングランの理事会企画フォーラム「研究公正性の確保のために今何をすべきか?」が行われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)