大阪大学の近藤滋教授が年会長を務める第36回日本分子生物学会年会が2013年12月3日、神戸コンベンションセンターで開幕した。12月6日までの4日間にシンポジウム13、ワークショップ78などが開催される。事前参加登録者数は5000人で、当日参加を加えて8000人の参加が見込まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)