ヘリオス(東京・中央、鍵本忠尚社長)と大日本住友製薬は2013年12月2日、iPS細胞を利用した再生医療に関して提携契約を締結した。この契約に伴い、鍵本社長(写真中央)、大日本住友製薬の多田英世社長(写真左)、同社再生・細胞医薬事業推進室の木村徹室長が出席した記者会見が行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)