ゲノムの標的部位を編集する「ゲノム編集技術」が飛躍的に発展している。ZFNをしのぐTALENに続き、設計容易なCRISPR/Cas9が2013年に登場した。ノックアウト(KO)動物作製の短時間・低コスト化で、遺伝子の機能解析が加速する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)