日経バイオテク12月2日号「特集」、新技術“ゲノム編集”が威力

(2013.12.03 05:40)1pt
河田孝雄

ゲノムの標的部位を編集する「ゲノム編集技術」が飛躍的に発展している。ZFNをしのぐTALENに続き、設計容易なCRISPR/Cas9が2013年に登場した。ノックアウト(KO)動物作製の短時間・低コスト化で、遺伝子の機能解析が加速する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧