札幌市は、札幌市エレクトロニクスセンターにウエットラボを開設した。IT企業が集積する札幌テクノパーク内にある同センターに、食品やバイオ関連企業を誘致する。IT企業との連携を図り、食品・バイオ関連の研究開発から出た成果の事業化を推進させることが目的だ。札幌市経済局産業振興部の久保孝行係長(写真中央)、西村貴正係長(写真右)と同センターを運用するさっぽろ産業振興財団の高田明課長(写真左)が本誌の取材に応じた。今回の取材は、ウエットラボ開設記念セミナー&内覧会の開催に先立って行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)