米University of California, San Diego(UCSD)のナノエンジニアチームは、ナノスポンジが、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)によって生産される危険な孔形成毒素をのみ込み、安全で効果的なワクチンとして機能する可能性があることを発見した。研究成果は、2013年12月1日付のNature Nanotechnology誌に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)