米Thomas Jefferson Universityの研究チームは2013年11月29日、細胞増殖のプロセスである細胞周期を進行させる役割を持つたんぱく質サイクリンD1が、乳がんの成熟マイクロRNA(miRNA)のプロセシッングと産生も制御していると発表した。乳がんの成長を促進させる新たなメカニズムと考えられる。研究詳細はNature Communications誌11月29日号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)