コンサルティング企業の英E4tech社は2013年11月26日、グローバルな自動車・燃料企業から成るAuto-Fuel Coalitionから委託された報告書「A harmonised Auto-Fuel biofuel roadmap for the EU to 2030」が完成したと発表した。この報告書は2030年までの将来のエネルギー・シナリオを初めて提示したもので、バイオ燃料は2020年を超えてEUの輸送用燃料の二酸化炭素排出削減に本質的な役割を果たすと述べている。液体燃料は長期的にエネルギー・ミックスにとって引き続き重要であり、ヨーロッパの輸送セクターが温室効果ガス排出をカットし、その二酸化炭素削減目標を達成しようとするならば、バイオ燃料と自動車の効率は不可欠なものであるとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)