広島大学大学院理学研究科の山本卓教授と佐久間哲史特任助教らは、人工ヌクレアーゼTALENに改良を加え、哺乳類で高効率に変異導入できるPlatinum TALEN(プラチナTALEN)を開発した。京都大学大学院医学研究科の真下知士特定准教授のグループや、広島大学原爆放射線医科学研究所の松浦伸也教授のグループとの共同研究による成果を2013年11月29日、英Nature Publishing Groupのオープンアクセス誌であるScientific Reports誌で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)