食品安全委員会(食安委)は2013年12月2日14時から公開で開催する食品安全委員会(第496回)で、1週間前(11月25日)の第495回に続いて、「組換えDNA技術応用食品及び添加物の安全性審査の手続(平成12年厚生省告示第233号)の改正について」を議題とする。食安委で11月25日から議題となったのは「代謝系に影響のない遺伝子組換え植物の掛け合わせ品種の取り扱いについて」であり、12月2日から議題となったのは「『セルフクローニング』・『ナチュラルオカレンス』の取り扱いについて」。厚生労働省は「代謝系に影響のない遺伝子組換え植物の掛け合わせ品種の取り扱いについて」は11月22日から始まる週に、「『セルフクローニング』・『ナチュラルオカレンス』の取り扱いについて」は11月29日から始まる週に、食安委に諮問した。厚労省が11月11日に開催した薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品調査部会で審議した内容だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)