バイオチップコンソーシアム(JMAC)は2013年10月17日、遺伝子検査に用いられるマイクロアレイについて、JMACの規格案が世界初の国際標準として承認されたことを発表した。日本から国際標準化機構(ISO)に対して提案がなされ、承認を受けることは、まれなケースである。今回の承認の経緯などについてJMACの中江裕樹事務局長(写真)に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)