米Brigham and Women's Hospital(BWH)と米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究チームは2013年11月27日、消化管から吸収される新型ナノ粒子を開発したと発表した。この技術により、糖尿病など慢性疾患の標的治療をより利便性の高い経口投与で行えるようになる可能性がある。研究の詳細はScience Translational Medicine誌2013年11月27日号電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)