米Stanford大学医学部のAnne Brunet氏らは、線虫(C. elegans)のオスが雌雄同体個体の寿命を短縮するフェロモン様物質を分泌することを発見した。この物質は、雌雄同体の特定の遺伝子の発現を上昇させていた。詳細はScience誌電子版に、2013年11月28日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)