米OriginOil社は2013年11月25日、新しく開発したエネルギー消費の低い「Algal Screen」という藻類培養の際の微生物によるコンタミネーションを低減する培養最適化装置が有用であることが、大学の学術的な試験により実証されたと発表した。「Algal Screen」は商業規模の藻類生産においてバクテリアや微小生物を効果的にコントロールして、商業的に価値の高い藻類を高効率で培養できるツールを提供するものと期待されている(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)