米エネルギー省(DOE)傘下のPacific Northwest National Laboratory(PNNL)は2013年11月25日、PNNLの研究チームがバイオ燃料研究にとって重要な微生物Synechococcusにあるシグナリングネットワーク活動を、緑色蛍光画像として観察することに成功したと発表した。増殖速度が非常に速い生物がどのように代謝をつかさどっているかを理解することは、太陽光を有用エネルギーに変換できる頑強な微生物Synechococcusによるバイオ燃料生産の研究開発活動に役立つツールになると期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)