英国の5つの大学、Imperial College London、Newcastle University、Sussex University、University College London、University of Dundeeの研究者と英医学研究会議(MRC)Mammalian Genetics Unitから成るコンソーシアムは2013年11月27日、飲酒を制御する遺伝子を発見し、この遺伝子に変異があると過度の飲酒を引き起こす可能性があると発表した。また、研究チームはこの現象の根底にあるメカニズムも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)