文部科学省共同利用・共同研究拠点である大阪大学微生物病研究所(阪大RIMD)の伊川正人教授らは、CRISPR/Cas9を用いてKOマウスを迅速・低コストで大量作製する技術を開発し、その成果の一部を2013年11月27日、英Nature Publishing Groupのオープンアクセス誌であるScientific Reports誌で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)