2013年度の第13回山崎貞一賞を計測評価分野で受賞した東京大学生産技術研究所の藤田博之教授は、2013年11月25日、本誌のインタビューに応じた。受賞題目は「マイクロマシン技術のバイオ・ナノ計測への展開」で、東大大学院工学系研究科の野地博行教授、静岡大学大学院工学研究科の橋口原教授らと受賞したもの。授賞式は2013年11月22日に行われた。山崎貞一賞は材料科学技術振興財団が創設した賞で、「実用化につながる優れた創造的業績」に対して授与される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)