米Clovis Oncology社は2013年11月19日、がん治療に用いる新規標的薬を開発するイタリアの生物製剤企業、EOS(Ethical Oncology Science)社を買収したと発表した。EOS社は、線維芽細胞成長因子(FGF)受容体1と2(FGFR1/2)および血管内皮成長因子(VEGF)受容体1から3(VEGFR1-3)のチロシンキナーゼ活性に対して二重選択性を持つ経口阻害薬lucitanibの中国以外の地域における独占的な開発市販権を保有している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)