米Dow AgroSciences社は2013年11月20日、米環境保護局(EPA)よりトウモロコシ遺伝形質技術により開発された新しい品種「POWERCORE」の登録が承認されたと発表した。この新規トウモロコシ品種は3つの異なる作用機序により植物の地上部分を攻撃する害虫に対して抵抗性を有する。POWERCOREと緩衝帯(refuge)設置規定順守を併せた「POWERCORE Refuge Advanced」品種を2015年の作付けシーズンに発売する予定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)