日経バイオテク11月18日号「特集」、バイオ技術を利用した化成品の国内事情

(2013.11.19 22:36)1pt
河野修己

バイオ技術を利用した化成品の主力であるエタノールとプラスチックの国内事情を探った。プラスチックではポリ乳酸の販売量が減少に転じ汎用品への移行がはっきりとしてきた。エタノールの実証実験では40円/Lの製造コストを達成したプロジェクトもある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧