2013年11月13日に第185回臨時国会の参議院にて薬事法改正案と再生医療等の安全性の確保等に関する法律案(再生医療新法)が上程されます。衆議院では全会一致で可決されました。韓国に前例があるとはいえ、条件付き承認で再生医療等(遺伝子治療も入るという読み方もできます)の実用化をドライブする制度を欧米に先手を打って整備したわが国の再生医療市場での国際的な存在感は浮上しております。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら