フィンランドMetso社は2013年10月31日、韓国GS Engineering & Construction(GS E&C)社のアジア最大の能力を持つバイオマス発電所、Dangjin(唐津)4 Biomass Power Plant向けに、先進オートメーション技術を供給することになったと発表した。この発電所は韓国ソウル特別市の約70km南西にあるDangjin市に現在建設中で、2015年に完成すれば105MWの出力を持つアジア最大のバイオマス発電所となる。Metso社の先進オートメーション技術は異なるバイオマス原料ミックスに対応できるものという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)