国際稲研究所(IRRI)は11月6日、東部南部アフリカの食糧安全保障を向上させるため、ブルンジ政府との協力の下、IRRIのEastern and Shern Africa Regional Officeがブルンジ のブジュンブラに新たに設立されたと発表した。同オフィスはアフリカの稲作の発展を支援するハブとして機能する。同オフィスの研究は、アフリカのさまざまな地域特性と消費者の好みに合った、新規の米の品種を開発することに焦点が絞られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)